dockerのMutagen-based caching導入におけるファイル権限が変わってしまう場合の対応


はじめに

docker for macを使っていましたが速度が遅く、vagrantを立ててその中にdockerを構築しようと思ったのですが、dockerのアップデートで Mutagen-based cachingが導入されたようでdocker for macを快適に利用できるようになりました。

ただファイルの権限が変わってしまうようで、自分はmysqlが下記のエラーが発生して起動できなくなってしまいました。

mysqld: can't create/write to file

この対処法を書いていきます。

dockerの再インストール

現在Edge Releaseされているものはmutageでファイルを同期させた場合権限が変わってしまい、それに対してissueが上がっていました。

Permissions on for files mounted with Mutagen-based caching 揃 Issue #4…https://github.com

このissueにて早速修正されたものがアップされているようですので下記のURLからdockerをダウンロードして再インストールし、再度ファイルの同期を行えば権限の問題が解消されます。

https://desktop-stage.docker.com/mac/edge/45429/Docker.dmghttps://desktop-stage.docker.com

またデフォルトでの権限を変更したい場合はホームディレクトリ直下に.mutagen.ymlファイルを作成して

sync:
  defaults:
    permissions:
      defaultFileMode: 0655
      defaultDirectoryMode: 0755

みたいに権限のデフォルト設定ができるようですが、自分はうまくいきませんでした….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。